daily angers
angersblg.exblog.jp
Top
《河原町店》木とガラスの世界へ
■クラフトフェア in Angers vol.1 @河原町店3F 6/4 friー6/20 sun
a0154009_18143357.jpg

アンジェのクラフトフェア第1弾。河原町店3階で20日(日)まで好評開催中です!
今回は木とガラスをテーマに8組の作り手の作品が並びました。

今回、フェアにあわせて初登場のガラス作家キタムラマサコさんと大迫友紀さんの2人に作品についてのお話を伺いましたのでここでもご紹介します。



<ガラス作家>
キタムラマサコさん
Q:制作された作品で、お気に入り、思い入れの深い作品を教えてください。

A:茶色壜のシリーズは、「葉壜(ハビン)」第1号なのでやはり思い入れが深いです。
壜を切ったり削ったり向きを逆さにしてみたり、そうして生まれた「葉壜」は茶色壜から
始まったんです。
「壜」という漢字も薬壜をイメージしていて、この茶色壜からきています。

Q:製造工程で1番楽しい、又はお好きな点を教えてください。

A:きれいに磨き上げ模様を刻んだ葉受をくるっと逆さにして、ベースの上にのせ「葉壜(ハビン)」が完成!という瞬間が1番嬉しい。苦労が報われた気がします!
a0154009_19174287.jpg


<ガラス作家>
大迫友紀さん
Q:製造された作品で、お気に入り、思い入れの深い作品を教えてください。

A:はつふゆ(鋳造で造った5寸のお皿)
 1年間、自分の作りたいイメージに近づけるために試行錯誤して作った作品。
  今作っている全ての作品のベースになっています。

Q:製造工程で1番楽しい、又はお好きな点を教えてください。

A:削る工程が1番好きです。
  自分のペースで作業できるのと、ちょこっと削っただけでガラスの表情が
 色々変わるからです。

 苦労するのは吹きガラスです。
 短い時間の中で作業しなくてはいけないのに、なかなか思った形に作れず
 失敗も多いです。
a0154009_13462611.jpg

 
これからの季節に活躍しそうな涼しげなガラスの器、
洗練されたデザインの中に温もりを感じる木製品。
作品は1点ものも多いので、たくさんのものたちがご自宅用に、ギフトにとお客様のもとへと旅立っています。私達スタッフにとっても嬉しい時間です。

出品していただいた8組の作り手
<木工・漆>
woodpecker(岐阜) /工房 息吹木(広島) /高橋工芸(北海道) /広松木工(福岡) /BUNACO(青森)
<ガラス>
大迫友紀(石川) /キタムラマサコ(千葉) /吉田順子(埼玉)
※五十音順 敬称略
a0154009_19223986.jpg


[PR]
by angersdesign | 2010-06-14 20:34 | 河原町店